News Release 新着情報

プレスリリース 繊研新聞 平成27年5月20日(水)
46ゲージのジャージー開発

大松16年春夏 伸縮性と布帛調

 服地コンバーターの大松は、16年春夏向けで布帛調のジャージー企画「イディオスコットン」と、裏毛調天じくを開発した。
 イディオスコットンは綿の80番手単糸を使い、46ゲージのファインゲージで編んだ。伸縮性と布帛調の質感が特徴。薄く、軽く、清涼感に優れ、適度なハリ、ドレープ性がある。最終段階で特殊加工を施して毛羽立ちを抑えるとともに、光沢感を加味、シャープさと高級感も表現した。
 ジャケット、スカート、ワンピース、スプリングコートなど様々なアイテムに対応できる。カジュアルな装いにも、エレガントな市場にも自在にコーディネートできるなど凡用性も高い。
 裏毛調の天じくは、さらっと肌になじむ質感を実現した。綿40番手の強撚糸を使っている。
 同社は、綿ジャージーでロングセラーの「クリアーナ」企画を展開しているが、新たなジャージーを揃え、さらに販売を拡大する。

呉服、ジュエリー・ファッションの展示会情報は当サイト上で公開しておりません。
下記よりお問い合わせください。

呉服事業部へのお問合せ
京都 075-223-1111
東京 03-3664-5501
札幌 011-251-6655

ジュエリー・ファッション事業部へのお問合せ
京都 075-223-1111